ヤクミルクを求めて山道を行く 5

こんにちは。Lalitpur(ラリトプール)向田麻衣です。

 

さて!ヤクのファーマーに会いにいく旅も

メインのインタビューや撮影を終えて、ほっと一息。

 

カメラマンの大さんは、山に散歩に出かけ

私はベンチで静かに景色を眺めていました。

 

IMG_9513

 

目に前に置かれたノートが、何やら膨らんで、植物がはみ出ている。

どうやら大さんは、押し花ノートを作っているらしい。

 

散歩から帰った大さんの手には植物の小さな花弁が。

「大さん、押し花?」と聞くと、

「麻衣!見た!!??」と慌てた様子。

「みた。はみ出てた。」というと

「oh my…」と更にあわせた様子。

問いつめると、押し花が趣味らしく、それは秘密にしていたらしいのです。

「恥ずかしくないよ。堂々とやりなよ。」と伝え、

大さんはもう一度、堂々と草花を集めに出かけてゆきました。

 

そんなこともあり、LalitpurのHPのトップ、メインビジュアルの2枚目の植物の写真は

大さんが、何年もかけて、様々な土地で集めてきた植物の押し花を並べた作品です。

 

top2

 

ネパールであの日、彼が拾ってきた花の花弁はいまも彼のノートに挟まっているのかな。

いつか、それも作品になるかな。そのときはぜひ、見たいなと思うのです。

 

さて、そうして、山の暮らしを少しだけ体験させていただき

私たちはみんなに別れを告げ、山を下ります。

さようなら、ヤクのファーマーのみなさま!

 

IMG_9420

 

 

IMG_9571

 

さて、あんなに大変だった山道ですが、下りは登りよりもずっと楽で景色を楽しむ余裕も生まれました。

しっとりと水を湛えた緑が美しかった。

 


IMG_9579

 

IMG_9587

 

 

5時間ほどで、山の登り口にある小さな村に到着。

みんなでおつかれビールを飲み、翌日のバスでカトマンズに帰ります。

みんなー!本当におつかれさまー!かんぱーい!!!

 

IMG_1023

カメラマンの大さんとネパール産のエベレストビール。おいしかった!

この夜はたくさんたべて、飲んだ私たち。

翌日、山で体験したものとはまた別の試練が待っているとは

まだこのときは気付いていませんでした…。

 

次回につづく!