調和と活力のハーブ

こんにちは。

美容ジャーナリスト・植物療法士の柏谷麻夕子です。

ついに、待望のメンズラインが登場しました!

今回は、メンズラインの代表的なハーブ、レモングラスについて紹介します。

 

140616lalitpur8530

イネ科で、すっと細長い葉をもち、

草原のようなグリーンの香りの中に、レモンのようなフレッシュさが

あるのが特徴です。

原産はインドやタイなどの東南アジア一帯。

トムヤムクンをはじめとしたアジア料理には欠かせません。

ものすごい生命力をもち、植えっぱなしにしてもしっかりと根付き、

めったなことでは枯れずに温かくなるとまたいきいきと伸びる、頼もしいハーブです。

野草っぽいのだけどレモンのようにみずみずしく、

そのワイルドな感じに、何かこう、前向きになる感じがします。

精油には、メンタルをリフレッシュさせながら落ち着きを取り戻させる効能が。

ジャスミンやネロリなど甘い花の精油に混ぜると

グリーンのフレッシュ感で甘さを中和してくれるし、

ティートリーやユーカリと合わせるとツンとした刺激を

フレッシュに和らげてくれる、調和性豊かな面も。

 

ハーブティーにした場合は、消化器系の働きを助け、身体を元気に。

ブレンドハーブティーの味を整え、風味をよくする働きもあります。

私のおすすめは、温かい緑茶や冷たい麦茶を作るときに、

細かくカットしたレモングラスをひとさじ入れること。

(ドライでも生でも)

いつものお茶にレモングラスのフレッシュな香りがついて新鮮ですし、

特別なお茶をいただいているような嬉しい気分に(笑)

精油もハーブもたいていの自然療法ショップで手に入りますので、

ぜひ試してみてください。

 

 

ちなみにLalitpurに使われているレモングラスは、

工房の農園で育てたオーガニックのものです。

野草的な生命力がみなぎる、力強い香り。

 

 右下のハーブがレモングラス。