洗う前よりしっとり!の秘密

こんにちは!ラリトプールスタッフのカシワです。

朝晩はすっかり涼しくなり、夏が名残惜しいですね。

我が家の冷凍庫には、買い置きしていた「ガリガリ君梨味」が2本も残っています。

 

今日はソープについてのお話を。

IMG_1803

 

ラリトプールのソープは、フェイシャルソープシャンプーバーも、

ジャタマンシーのハーブを入れていること、

そして「コールドプロセス製法」で作られていることが特長です。

ジャタマンシーについては次回以降また。

 

コールドプロセス製法とは、かんたんに言うと、

原料を高温にせずにゆっくり混ぜて固める製法です。

そもそも石けんは、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)と水、

そして温めたオイルを混ぜて作られます。

美容効果を高めるためにこだわりのオイルを使ったり、

いろいろな素材や成分を混ぜこむわけですが、

一般的な石けんは、材料を一気に混ぜて一気に加熱し、

一気に冷やして固めて作られます。

そのため大量に作ることができますが、油分が酸化しやすい、美容成分が蒸発してしまう、

といったことが出てきてしまいます。(美容成分を補うとそのぶん価格が上がってしまう…)

コールドプロセス製法では、原料を混ぜるさいに加熱せず、

原料同士の化学反応熱(およそ40℃前後)を利用します。

化学反応を一定に保つ職人芸的な微調整と、

一般的な石けんの3倍以上の期間が必要ですが、

そのぶんオイルが劣化しにくく、混ぜ込んだ美容成分もちゃんと残ります。

 

ラリトプールのソープで洗うと、すっきりすると同時に、

洗う前よりしっとりしている気がするのはそのため。

ジャタマンシーを始めとする美容成分がたっぷり入っている、

というか入れたぶんだけちゃんと肌に届いている、からなのです。

肌が乾燥しやすいから……と洗顔ソープを敬遠ぎみだった人も、

ぜひ試していただきたいです!

密度が高いもっちり泡を作ることがポイントです。