慣れすぎている

こんにちは。Lalitpur(ラリトプール)向田麻衣です。

 

「地滑りがあって、ヤクミルクが山から届かない!」

と言われて、きっと多くの日本人が、なんじゃそりゃ!そんなんじゃ

だめだよ。何としてでも持ってきて!と思うんじゃないだろうか。

私も、そうだった。

 

現場をみるまでは。

 

実際にヤクミルクやハーブがやってくる山に登り、

地滑りを目の当たりにしたときに

こんな、大自然を相手に、人間のなんて小さなこと、と思い、

この山を下り、登り、ようやくカトマンズに届いたものが加工され

そして、それが日本に届くのだということの方が、ほとんど奇跡だと思った。

 

678365c3-9580-46f5-830e-d0e3af189160

 バスで行けるところまでゆき、車も通れない山道は足で向かう。

 

79c91606-4a56-45eb-add8-9cc9c6fc9377

土砂崩れがあると、塞がってしまう、細い山道。

 

私たち日本人は慣れすぎている。この、全てが”同じ”で、全てが整った環境に。

その整った形のものだけを並べるために、どれだけ多くのものが捨てられているか

大量に作るために、どれだけ多くの土地が、農薬で汚染されもとにもどらない状況になったか

”先進国”の都合で、どれだけ多くの無理を現場に強いているか、

私たちは知らない。

 

私はこのブランドを立ち上げて、小さいながらもビジネスを立ち上げ

行き過ぎた物質社会にも限界を感じている。

 

文句を言うだけなら誰でもできる。私は小さいながらもひとつの旗をあげた。

このブランドを通して、使ってくれる人にとっていいものを作り、

それと同時に、作り手の生活をよりよいものにしたい。

自然を守りたいなんて、口が裂けてもいえないけれど

(私たちは生きているだけで、多くを破壊している。)

でも、自然の恵みをいただき、それに感謝して

これからも、私たちなりの『誠実な』物作りを続けてゆきたい。