選ぶべきはオーガニックコスメ?

こんにちは。

美容ジャーナリスト・植物療法士の柏谷麻夕子です。

今回は私たちが選ぶべきコスメについて、考えてみます。

 

私は植物療法士でもあるため、美容ジャンルの中でも、

植物&オーガニックコスメや内外美容の記事をよく手がけ、

「ビオビューティジャーナリスト」とも名乗っています。

私自身も、植物コスメ、オーガニックコスメは大好きです。

植物の、人を健やかに導いてくれる力は確かで、ほんとうに尊いものだと思うし、

(特に精油やボタニカルオイル)

オーガニック成分だからというより、

共生、身土不二、持続可能、全体性などのキーワードや、

つながりや循環を大切にする哲学に共感します。

一方で、シャネルやイヴ・サンローラン、ディオールのメイクのクリエイションは

毎シーズン震えるほどにワクワクし、感動します。

オーガニックな素材を使っていてもいなくても、

そのうっとりする質感や感性、世界観に心が揺さぶられ、

美しい仕上がりに胸が躍ります。

オーガニックブランド以外の機能性スキンケアにもお世話になっています。

シュウ ウエムラのクレンジングオイルなんて、

ウォータープルーフのアイラインもしっかり塗りこんだファンデーションも

なでるだけでするすると落ちて、W洗顔もしなくてもいい。

ワーキングマザーのデイリースキンケアを支える本当に心強いアイテムで、

洗面所に必ず常備しています。

つまり言いたいことは、

オーガニックは(仕事にするほど)好きだけど、

オーガニックだから愛用しているのではないということ。

オーガニックか否かに関わらず、

「好き」で「心地いい」「心を豊かにしてくれる」ものを選んでいるということ。

素材、製造工程、仕上がり、感性、哲学、世界観、香り、肌触り、

もっというと、作り手の人となりや思い。

それらに「いいな」と感じたもの。

けっこう直感的です。それでいいと思うのです。

化学物質過敏症などの肌事情があるわけじゃないなら。

コスメは実用品であり、嗜好品でもあるから、

素材や機能や理論が半分、もう半分は感覚で選んでいい。

というか「好き」「心地いい」「使っていて幸せ」という感覚こそ

大切にしたほうがいい。

そういった、心と体に響く瞬間が多いコスメは、

オーガニックかどうかは関係なく、理屈を超えて効果があるのです。

まじめで熱心な女性ほど、素材はどうか、製法はどうか、

肌にどのように働きかけるか、理論のチェックに走りがちだけど、

もちろんそれもいいことだけど、

どうか自分の中の「心地いい」を大切に。

「これが好き」という感覚を信じて。

「心地いい」や「好き」に包まれる瞬間が多いほど、

人は豊かな心になれるし、

肌も姿も美しくきらめきを放つのだと思います。

Lalitpurも、誰かのそんな存在になれることを祈りつつ。